発毛育毛の徹底検証

モンゴ流シャンプーの成分

 

モンゴ流シャンプー 成分
3つのモンゴロイド伝承成分 イラクサ葉・根:モンゴルに自生する多年草であるイラクサの葉と根をマイクロパウダー化して配合。(5αリダクターゼ活性阻害)
ユッカ根(サボテン) アリゾナ砂漠など乾燥地帯に育つサボテンの根から抽出したエキス。水分を保持し、頭皮をやさしく保護し、抗菌作用などがある。
シーバックソーン(サジー) 奇跡の果実と呼ばれ、毛母細胞の栄養となる不飽和脂肪酸を始め、白髪抑制に効果のあるビオチン、アミノ酸やビタミン類、抗酸化物質など200種類以上の成分を含み、毛母細胞に必要な栄養分を頭皮に届ける。
そのほかの成分

・桑白皮エキス(5αリダクターゼ活性阻害)
・ビワ葉エキス
・バンジロウ(グアバ)葉エキス(5αリダクターゼ活性阻害)
・ジンジャーエキス
・アロエベラエキス(5αリダクターゼ活性阻害)
・サンショウエキス(5αリダクターゼ活性阻害)
・センブリエキス(5αリダクターゼ活性阻害)
・フユ菩提樹花エキス(5αリダクターゼ活性阻害)
・カンゾウエキス(5αリダクターゼ活性阻害)
・スギナエキス(5αリダクターゼ活性阻害)
・ローズマリーエキス(5αリダクターゼ活性阻害)
・ローマカミツレエキス(5αリダクターゼ活性阻害)
・茶エキス(5αリダクターゼ活性阻害)
・ホップエキス(5αリダクターゼ活性阻害)
・ホホバ油
・アルテア根エキス

・オタネニンジンエキス
・ヒバマタエキス

 

バナー原稿 100×60 (121127)imp

 


モンゴ流シャンプー効果【モンゴ流シャンプー 効果なしか?】

モンゴ流シャンプーはアミノ酸系シャンプーで、頭皮を守る必要な皮脂まで洗い落とさないことで頭皮環境を保てます。
髪の毛がコシやハリがでてきてふわふわとした毛なみをそろえます。

 

泡立ててから3分間そのままパックします。21種類の天然植物成分が頭皮に行き渡り
さらにハリやコシやふんわり感を出す効果が出てきます。

 

ミントやハーブの香りがほんのり髪につく感じがします。

 

 

モンゴ流シャンプー


モンゴ流シャンプー色・香り【モンゴ流シャンプー 匂いはソフト】

モンゴ流シャンプー色・香り

この香りは、ハーブややしなど植物の香りで、色は緑色をしています。よく言えばミンティーな香りがします。

 

楽天ランキング1位★3分間泡パックでハリコシUP!モンゴ流シャンプー

 


モンゴ流シャンプー購入後思ったこと【モンゴ流シャンプー 購入後感想】

まず、容器がカッコいいですね。なぜか、シャンプーをしていて泡が緑っぽい感じがしています。頭髪のかゆみがとまりました。いくらかペタンコ頭からボリュームがでてきました。髪の量が少ないですがハリがでてきて見た目が少し立ってきたような感じです。

 

 

 

モンゴ流シャンプー成果

 


モンゴ流シャンプーの購入となったきっかけは!

モンゴ流シャンプーの決め手は、洗浄力の強さ。

 

脂性で、頭皮もベタベタしやすい体質の方などには、洗浄力の強さはとても大切なポイントです。
薄毛は、ホルモンも大きく関わってくるのですが単純に皮脂の過多によっても引き起こされます。

 

体質によっては、ある程度の洗浄力は必須となってくるでしょう。

 

気になるモンゴ流シャンプーの評価を見てみると、「男性の方で頭皮の皮脂が多い方にはとても向いている」という話です。
また、モンゴ流シャンプーの利点としてアミノ酸系のシャンプーである事も挙げられます。
比較的刺激も少なく、市販のシャンプーよりは頭皮の異常も起こりにくいでしょう。
育毛成分も豊富に含まれています。
話によれば、全シャンプーの中でも1,2位を争う量だそうです。

 

モンゴ流シャンプーの口コミでも、天然素材を使っていて育毛シャンプーの中では一番というコメントもありました。

 

髪のコシが出てきたと言う口コミもあり、育毛シャンプーの購入を考えている方にはオススメできるレベルでしょう。

 

注意としては、洗浄力の強さゆえに乾燥肌の体質の人には向かない場合があるようです。
中にはフケやかゆみはないのに、シャンプー後に赤味がさすという情報もありました。
購入の際は、脱脂力が強いという事を念頭において自分の頭皮の状態を把握しておいた方が良いでしょう。

 

脂性の方は、問題ないかと思います。
育毛シャンプーの中では、上位を争う高評価のシャンプーなのでお試しで使ってみるという方法もアリかと思います。